ScreenPocket - 画面の隙間

Unityエンジニアの日々の雑記。たまにpython3、DirectX、PhotoshopScript(JavaScript)も触ります

C#6以降で使える文字列補間

普段C#6が使えない環境なので知らなかったけど、これめっちゃ便利な予感。
docs.microsoft.com
C#6以降しか使えないので、とりあえず最新のUnity2018.3でテスト(2018.1以降なら使えるはず)。

f:id:ScreenPocket:20181216012512p:plain

$マークを付ければこんな指定ができる。
※$マークを付けなかったら普通にFormatException

f:id:ScreenPocket:20181216012524p:plain

表示された!
という事で、使っていこうと思います。