ScreenPocket - 画面の隙間

Unityエンジニアの日々の雑記。たまにpython3とDirectXも触ります

ParticleSystem - Renderer - NormalDirectionを0指定してParticleにライトを当ててみる

最近知ったのですがParticleSystemコンポーネントのRendererのNormalDirectionを0にすると、Particleの中心を0としてのベクトルが法線情報に入るっぽい。

f:id:ScreenPocket:20160115015352p:plain
↑法線を表示するシェーダを載せたらこんな感じ

 

…って事はライティングしてボリューム感出せそうだな〜と思ってセコセコShader書いてましたが、そういえばParticle/VertexLitっていうのが有りましたね;

f:id:ScreenPocket:20160115015628p:plain↑NormalDirectionを0にしてParticle/VectexLitシェーダを入れたもの

f:id:ScreenPocket:20160115015905p:plain↑ちゃんとライト方向でシェードが変わります。

f:id:ScreenPocket:20160115020012p:plain↑普通のParticle/Alpha Blend。コレよりは味が出たかな?

ただまぁLightingしているのでモバイルで似たようなことをする時は仮でライトベクトルを用意して近似するくらいにしておくのが良い気がします。

f:id:ScreenPocket:20160115020201p:plain
↑調整すれば中々それっぽく見える気がする