ScreenPocket - 画面の隙間

Unityエンジニアの日々の雑記。たまにpython3、DirectX、PhotoshopScript(JavaScript)も触ります

UI.Textの文字をジャンプさせる頂点シェーダ

Twitterで投稿した文字をジャンプさせるシェーダを貼っておきます

  • builtin_shaders-2018.2.12f1 の UI/Defaultベースで作成しています
Shader "ScreenPocket/UI/Default/Font/Jump"
{
	Properties
	{
		[PerRendererData] _MainTex("Sprite Texture", 2D) = "white" {}
		_Color("Tint", Color) = (1,1,1,1)

		_StencilComp("Stencil Comparison", Float) = 8
		_Stencil("Stencil ID", Float) = 0
		_StencilOp("Stencil Operation", Float) = 0
		_StencilWriteMask("Stencil Write Mask", Float) = 255
		_StencilReadMask("Stencil Read Mask", Float) = 255

		_ColorMask("Color Mask", Float) = 15

		[Toggle(UNITY_UI_ALPHACLIP)] _UseUIAlphaClip("Use Alpha Clip", Float) = 0
	}

		SubShader
		{
			Tags
			{
				"Queue" = "Transparent"
				"IgnoreProjector" = "True"
				"RenderType" = "Transparent"
				"PreviewType" = "Plane"
				"CanUseSpriteAtlas" = "True"
			}

			Stencil
			{
				Ref[_Stencil]
				Comp[_StencilComp]
				Pass[_StencilOp]
				ReadMask[_StencilReadMask]
				WriteMask[_StencilWriteMask]
			}

			Cull Off
			Lighting Off
			ZWrite Off
			ZTest[unity_GUIZTestMode]
			Blend SrcAlpha OneMinusSrcAlpha
			ColorMask[_ColorMask]

			Pass
			{
				Name "Default"
			CGPROGRAM
				#pragma vertex vert
				#pragma fragment frag
				#pragma target 2.0

				#include "UnityCG.cginc"
				#include "UnityUI.cginc"

				#pragma multi_compile __ UNITY_UI_CLIP_RECT
				#pragma multi_compile __ UNITY_UI_ALPHACLIP

				struct appdata_t
				{
					float4 vertex   : POSITION;
					float4 color    : COLOR;
					float2 texcoord : TEXCOORD0;
					UNITY_VERTEX_INPUT_INSTANCE_ID
					uint index : SV_VertexID;
				};

				struct v2f
				{
					float4 vertex   : SV_POSITION;
					fixed4 color : COLOR;
					float2 texcoord  : TEXCOORD0;
					float4 worldPosition : TEXCOORD1;
					UNITY_VERTEX_OUTPUT_STEREO
				};

				sampler2D _MainTex;
				fixed4 _Color;
				fixed4 _TextureSampleAdd;
				float4 _ClipRect;
				float4 _MainTex_ST;

				v2f vert(appdata_t v)
				{
					v2f OUT;
					UNITY_SETUP_INSTANCE_ID(v);
					UNITY_INITIALIZE_VERTEX_OUTPUT_STEREO(OUT);
					OUT.worldPosition = v.vertex;

					float charId = floor(v.index / 2);
					charId = (-charId + charId * 2) + 1;
					float radian = radians(charId * 10 + frac(_Time.y) * -360);
					OUT.worldPosition.y += saturate(sin(radian)) * 50;

					OUT.vertex = UnityObjectToClipPos(OUT.worldPosition);

					OUT.texcoord = TRANSFORM_TEX(v.texcoord, _MainTex);

					OUT.color = v.color * _Color;
					return OUT;
				}

				fixed4 frag(v2f IN) : SV_Target
				{
					half4 color = (tex2D(_MainTex, IN.texcoord) + _TextureSampleAdd) * IN.color;

					#ifdef UNITY_UI_CLIP_RECT
					color.a *= UnityGet2DClipping(IN.worldPosition.xy, _ClipRect);
					#endif

					#ifdef UNITY_UI_ALPHACLIP
					clip(color.a - 0.001);
					#endif

					return color;
				}
			ENDCG
			}
		}
}

使い方は新しく作ったマテリアルにこのシェーダをくっつけて、TextComponentのマテリアル項目にそのマテリアルをアタッチして下さい。
調整したい場合は * 10 の値とか、 * 50 の値とかを調整すればよいです

大宮ゲーム開発部 活動報告 2018年9月

さて、9月頭に一念発起して発足した「大宮ゲーム開発部」ですが、一先ず下記の動きがありました

・部員1名→4名に増員
・ゲーム開発もくもく会を毎週(計5回)開催
 もくもく会のには、部員と私含めて5名が参加
もくもく会を活用した個人制作「飛び箱」を開発中
 
www.youtube.com

次回もくもく会は10/14(日)を予定しています
atnd.org
少し期間が空きますが、大宮近郊在住で興味がある方はぜひご参加ください

試しにベータ版のUnityをインストールしたら、2018.2.9f1もおかしくなってしまった時の対処法

試しにβ版を入れたところビルドが通らなくなってしまったので、対処法をメモ書き。

アンインストールやら再インストールやらを試しましたがそれでも治らず、
結局 Help > Reset Packages Default を選択 すると元に戻りました。

大宮ゲーム開発部 もくもく会 第5回のお知らせ

9/1から毎週もくもく会を開いていましたが、とうとう継続して1ヶ月が経ちました。次回は土曜日。
atnd.org

大宮近郊在住のUnity使い方、もしいらっしゃれば一緒にモクモク作業いたしましょう!

大宮ゲーム開発部を作りたい…というか作ります。

今回の記事は、Unity関係ないです。
久々にCEDECに参加したのですが、一つ思ったこととして

・こういう勉強会や、もくもく会を埼玉でも開いて欲しい。
・いや、埼玉というよりもウチの近所(大宮、それも西側)で開いて欲しい

というのがあります。

ただ、現状特にそういった会を開く組織は無い(一番近いのは さいたまげーむす様 かも?)ようなので 大宮ゲーム開発部 という組織を作りたい…というか作ります。

・現状、部長は私で、部員も私のみです。
大宮ソフト様とは全く関係ございません。
・さいたまげーむす様とも全く関係ございません。
・その内、大宮(西側)でLT会とかもくもく会とかをしたい。

興味がある方はご連絡ください。
とりあえず今回は「大宮ゲーム開発部を作ったぞ」という言い出しっぺの表明として、記事にしておきます。

macにJenkinsをパッケージインストーラーからインストールし、初回起動時に「Offlineに見えます」と言われたときの解決方法

具体的なタイトル。Jenkinsのインストール後の流れの一部で躓いたのでブログに残しておきます。
Jenkinsのインストール

パスワードの入力を求められたときは、ターミナルで

sudo cat /Users/Shared/Jenkins/Home/secrets/initialAdminPassword


で、その後

This Jenkins instance appears to be offline

と言われてしまった時の対応。

stackoverflow.com
この記事にある通り、

/Users/Shared/Jenkins/Home/hudson.model.UpdateCenter.xml

のファイル内の https を http に書き換えて、Jenkinsを停止→起動とすることで解決できます。

停止、起動については下記の記事
qiita.com
に倣って

停止

sudo launchctl unload /Library/LaunchDaemons/org.jenkins-ci.plist

起動

sudo launchctl load /Library/LaunchDaemons/org.jenkins-ci.plist

とすることで停止→起動が可能になります。

ようやく家の環境に自動でPluginをインストールできました;